ギャラリーMOS

三重県松阪市の画廊

金澤 尚武

金澤 尚武 Shobu Kanazawa

大学から日本画を描きだして20年が経ちました。最近、より日本画というものに魅せられ墨の香りや岩絵具の美しさに感動しています。 画材の扱いにくさには今だに困惑することもありますが、そこが日本画の魅力であり、また日本人の美意識や精神性に合っているのかなと感じています。 大作では人物を、小品では植物を中心に制作をしていますが、両モチーフ共に美しいと感じた瞬間、そのときの感動を作品に託しています。

略歴など

経歴

1978年 愛知県生まれ
2003年 愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業 第14 回臥龍桜日本画大賞展 入選 (第15、18、19回展 入選) 第20回福井サムホール美術展 佳作
2004年 第2回前田青邨記念大賞展 入選(第4回展 入選) 第6回雪梁舎フィレンツェ賞展 佳作(第7回展 入選) 再興第89回院展 初入選(以後第92、94、95、96、97、101、102、103回展 入選)
2005年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科日本画専攻修了 第3回トリエンナーレ豊橋 「星野眞吾賞展」 入選
2006年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科日本画専攻研修生修了 勢の会(松坂屋名古屋店) 第3回信州伊那高遠の四季展 奨励賞(第4、5回展 秀作賞)
2008年 第63回春の院展 初入選(以後第66、67、68、72、73、74回展 入選)
2010年 愛知県立芸術大学非常勤講師(~‘12年) 長湫会(日本橋髙島屋、ジェイアール名古屋髙島屋) うづら会(日本橋三越本店、名古屋三越)~13年 香流会(松屋銀座)
2011年 参河会(豊橋丸栄、岐阜髙島屋、岩勝画廊)
2012年 「金澤尚武日本画展」(川口そごう、大宮そごう) 名美アートアリウム青美展(名古屋美術倶楽部)以後毎年出品 愛知芸大俊英作家日本画展(大宮そごう)以後毎年出品
2013年 風雅の会(松坂屋名古屋店、大丸心斎橋店)以後毎年出品 個展「-時に遇う-」(松坂屋名古屋店)
2014年 若鶉会(日本橋三越本店、名古屋三越)以後毎年出品
2015年 壱萬会(姫路山陽百貨店) 個展「対峙」(カルチェ・ラタン)
2016年 絵の中のプラネタリウム展(池袋東武) 個展「四季の香」(池袋東武) 富士を描く(渋谷東急) 四季の花々展(吉祥寺東急)
2017年 個展「掛花」(吉祥寺東急)

現在

日本美術院院友